ムダ毛処理の知識 除毛クリーム

除毛クリームがお勧め出来ない理由

除毛クリームと言うのは、名前の通りクリームを塗る事で、ムダ毛を除去する商品です。

ドラッグストアにも売られていますし、ネット上には「永久脱毛が出来る」と宣伝されている怪しげな除毛クリームまで存在します。

除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムが配合されていて毛を溶かすわけですが、これが問題だと感じています。

実際に私は、除毛クリームはいくつか試しましたけど、結局は使えないという結論が出ました。

なぜ、除毛クリームが使えないと思ったのか解説します。

因みに、除毛クリームはカミソリを使っていたけど、肌荒れが心配で使う様になる人が多いです。

 

除毛クリームは肌が荒れやすい

除毛クリームを使ってはいけない人の絶対的な要素が存在します。

それは「肌が弱い」ことです。

敏感肌とかアトピー、肌が弱く被れやすい人が除毛クリームを使うと必ず後悔します。

よく除毛クリームで「男性の剛毛」もごっそり根こそぎ取れると、除毛のパワーをアピールをしている場合も多々存在します。

しかし、男性の太い毛であっても「ごっそり」取れるという事は、逆を言えば肌に負担が多く掛かる事を指します。

それだけ除毛クリームで肌荒れや赤み、被れが起きやすい事を指します。

除毛クリームがお勧め出来ない最大の理由は、肌に対して負担が大きいという事です。

 

チオグリコール酸カルシウムがタンパク質を溶かす

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムが必ず配合されています。

チオグリコール酸カルシウムには、タンパク質を溶かす性質があるわけです。

これによりムダ毛が切れる事になり、ムダ毛を除去する事になります。

先ほど、除毛クリームは肌が荒れたり被れたり、痒くなったりするのがデメリットだと話をしました。

その原因を引き起こすのがチオグリコール酸カルシウムなわけです。

タンパク質を溶かして、肌の毛を切断するわけですから、皮膚にも必ず影響が出ます。

皮膚に強い人であっても、肌に炎症が起きている事には違いがありません。

変化がないように見えても、肌はチオグリコール酸カルシウムにより確実に傷んでいますし、使う頻度が多くなれば被れなどを引き起こす可能性もあります。

カミソリで肌が痛んだり埋没毛が出来そうだと、除毛クリームを使う人もいますが、結論で言えば除毛クリームであっても肌は痛む事になります。

さらに、除毛クリームで肌が痛めば、除毛クリームであっても埋没毛が出来る可能性はあるという事です。

他にも、チオグリコール酸カルシウムの成分は毛穴に対して炎症を起こしてしまい、毛穴が広がってしまう場合も存在します。

チオグリコール酸カルシウムによるデメリットは、大きいわけです。

使えば使う程に、美肌に遠ざかる可能性すらあります。

 

除毛クリームでもチクチクする理由

カミソリでムダ毛を処理していた方が、除毛クリームに変えてみたけど、肌がチクチクするなどもよくある事です。

この笑えない様な話なのですが、実際にある話となっています。

その原因ですが、毛が上手く切れていない事や毛根まで処理出来ていない事にあります。

つまり、カミソリと同様に毛の表面を切っただけであり、チクチクしてしまうのもよくある事です。

ほとんどの除毛クリームで口コミを見てみると、必ずと言ってよい程、毛の先端のチクチクに悩む人はいます。

除毛クリームでもチクチクに悩んだ人は、次はヒートカッターなどを使ったりするのですが、焼き切っていてもチクチクする場合は多いです。

結局は、除毛クリームや剃刀では、毛先のチクチクからは、おさらばするのが難しい事になります。

 

除毛クリームに永久脱毛はあり得ない

除毛クリームにも関わらず、永久脱毛が出来るとか、ありえいない宣伝をしている商品も存在します。

永久脱毛というのは、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛でないとする事が出来ません。

他にも、抑毛効果があり生えるスピードが遅くなると、記載された商品も数多く存在するわけです。

中には、毛根が減退するなど、常識では考えられない事まで言っている商品が存在します。

既に、除毛クリームを使っている人なら分かるかと思いますが、使えば使う程に、あなたのムダ毛は減っているでしょうか?

実際には、除毛クリームをいくら使っても、次々にムダ毛は生えてきてしまいますし、前日に使ったはずなのに、翌日には既に伸びてきている人も少なからずいるはずです。

言っておきますが、除毛クリームで抑毛効果は絶対に望む事が出来ません。

多くの除毛クリームは化粧品に分類されています。

しかし、化粧品の効果効能は国が認められたものがあるわけですが、その中に脱毛効果があるとか、抑毛効果があると記載されたものはありません。

私のいう事が嘘だと思うのであれば、下記をご覧になってください。

東京都福祉保健局・効果効能

ここに化粧品の効果・効能の一覧があるわけですが、脱毛が出来るとか抑毛が出来ると書かれたものはありません。

もちろん、毛が生えて来るスピードが遅くなるとも記載がないわけです。

つまり、現在の日本の除毛クリームで脱毛も出来ませんし、抑毛効果も期待出来ない事になります。

 

医薬部外品の除毛クリームでも脱毛は出来ない

除毛クリームの中には、医薬部外品を謳っている商品も数多くあります。

うちの除毛クリームは医薬部外品だから、脱毛クリームとして仕える様な事を宣伝している商品もあるわけです。

市販で販売されている除毛クリームは、化粧品と医薬部外品に分類される事になります。

化粧品と医薬部外品の違いは、入っている成分の規定量に当たります。

医薬部外品の方が化粧品に比べると、除毛に関する成分は量が多く強力だと言う事は間違いないでしょう。

しかし、その分だけ副作用などのリスクは高まります。

先ほど、除毛クリームに含まれている、チオグリコール酸カルシウムのお話をしました。

チオグリコール酸カルシウムには、副作用が報告されていて、気分が悪くなってしまった人もいるわけです。

これも一重に除毛クリームの成分が強すぎる事を指します。

医薬部外品だから強力に除毛出来て素晴らしいと考える人もいますが、副作用や肌荒れのリスクは高まります。

医薬部外品の上に薬事品もありますが、こちらはさらに成分が多く含まれますが、その分だけ副作用の体調不良などのリスクは高まる事になります。

医薬部外品だから良いというわけではありません。

さらに、化粧品と比べても特定の成分量が増えるだけなので、脱毛効果や抑毛効果は期待出来ない事になります。

 

【結論】除毛クリームはお勧め出来ない

除毛クリームが如何にして、役に立たないのか分かったのではないでしょうか?

ムダ毛が一時的に無くなったとしても、毛穴が開いてしまったら意味がないはずです。

さらに、毛穴のポツポツなど様々な悪影響を及ぼすからとなります。

除毛クリームも色々と使ってみましたが、まともだと思えるのは一つもありませんでした。

結論から言えば、カミソリも家庭用脱毛器もシェーバーもダメで、クリニックの脱毛でなければ、肌は綺麗にはなりません。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛に関しては、毛が本当に生えて来なくなりますし、無駄に除毛クリームや剃刀などを購入する事を考えれば、かなりコスパがよいです。

毛が本当に薄くなるのは、照射による脱毛以外にありえません。

これが私が出した結論です。

脱毛方法の評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)         

-ムダ毛処理の知識, 除毛クリーム

Copyright© 脱毛検証辛口レビューブログ! , 2019 All Rights Reserved.